ごじゅうおんのお

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍晋三官房長官の再チャレンジ支援構想は疑問!

<<   作成日時 : 2006/08/06 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 次の内閣総理大臣に一番近い人として脚光を浴びている
安倍晋三内閣官房長官が、しきりに口にする”再チャレンジ支援構想”
には、心底から疑問を持っています。

安倍官房長官はどうも短絡的に欧米の事例を念頭に、倒産、自己破産した人達がおしなべて恩恵をこうむることができる構想であるがごとくに話しているようにしか思えないのです。所謂選挙公約としか思えないのです。

官房長官に、「今の日本人はどんな方向を向いているのか」ということをじっくりと考えて発言していただきたいと思う。

 先日NHKの番組、クローズアップ現代でとりあげられた「日本人の著しいモラルの低下」の問題。
あるいは、教育の現場で問題になっている「教育の基本」が揺らいでる問題。
村上ファンド、ライブドア問題等々「モラル」が問われる事件が目白押しに起こっています。

 経済活動というのは、限りなく社会性の高いもので、先のパロマガスの問題、古くはミドリ十字の問題とか、経営に携わった人間のモラル如何で、会社が大きな社会問題を引き起こす危険性あるのです。

 いま、日本は日銀総裁を筆頭に「自己責任」を否定する風潮が急激に強まっているように思えてなりません。
経済活動のみならず、あらゆる面で「自己責任」を否定する風潮が顕著です。
経営とは限りなく「経営者の自己責任」において遂行されるべきもので、その結果は経営者が全責任を負う責務があると思います。
その基本理念が崩壊しつつあるいま、脱落者の救済を説く前に、自己破産制度の抜本的な見直し(自己責任の明確化)が必要だと思うのですが。
安倍官房長官の構想が「悪者がいい目を見る」世の中を助長する結果になりはしないかと危惧せずにはいられません

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍晋三官房長官の再チャレンジ支援構想は疑問! ごじゅうおんのお/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる